cronの使い方

「CRON」はタスク管理ツール。何時に何を起動するかといったJOB管理が出来る。

*/etc/cron.d/cron.allowにタスク追加したいユーザを追加
⇒VIでユーザーを追加すればいい。

ex)
root
sys
adm
dev01←追加したユーザ

*コマンド crontab -e [ユーザー名]で タスクリストを追加する。
⇒VIと同じ要領で編集。上書きして終了
set EDITOR vi
crontab -e dev01

25 17 * * * echo “testcron” > /apl/dev01/log/test_cron.log
ex)
25 6-22 * * * echo “testcron” > /apl/dev01/log/test_cron.logl
6時から22時の間の毎時15分

書式は
起動時間
分△時間△日△月△曜日(0が日曜日、1が月曜日・・・・・)△コマンド(フルパス)

※*は無記入の意味、記入しないと毎時毎分動く

*ジョブリストの確認
$ crontab -l dev01

25 17 * * * echo “testcron” > /apl/dev01/log/test_cron.log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です