ORACLEのSQL

ゴミ箱を空にする

テーブルの一覧を参照する

テーブルのレイアウト参照

日付の計算

日付の書式

SELECT FOR UPDATE

SELECT FOR UPDATEを行うときは
テーブル全体のレコードが対象にならないようにする。
→ユニークのレコードが対象になるように
そうしないとREDOログが膨大なサイズになって大変なことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です